愛知製鋼企業年金基金は、退職金の一部を年金または一時金でお支払いする「企業年金」を運営しています。
愛知製鋼企業年金基金
ご案内
年金制度のしくみ
基金のしくみ
基金の給付
年金・基金の手続き
福祉事業
リンク集


 
HOME基金の給付>遺族給付金
 
  遺族給付金  
  亡くなったときは遺族が受けます  
●受けられる条件
次のいずれかに該当したとき、遺族の方が「遺族給付金」を受けられます。
(1)加入者期間1ヵ月以上の加入者が亡くなったとき  →@Aをご覧ください
(2)脱退一時金の繰下げを申し出た受給権者が亡くなったとき  →Bをご覧ください
(3)老齢給付金(年金)の繰下げを申し出た受給権者が亡くなったとき  →Cをご覧ください
(4)老齢給付金(年金)の受け取り開始後20年未満で亡くなったとき  →DEFをご覧ください

 
 
・遺族給付金が受けられる遺族の範囲と順位
(1)配偶者
(2)子、父母、孫、祖父母、兄弟姉妹
(3)生計を維持されていた親族
 
 
●受けられる額
@加入者期間が1ヵ月以上10年未満の加入者が亡くなったとき
A加入者期間が10年以上の加入者が亡くなったとき
B脱退一時金の繰下げを申し出た受給権者が亡くなったとき
C老齢給付金(年金)の繰下げを申し出た受給権者が亡くなったとき
D年金を受け始めてから60歳になるまでの間に亡くなったとき
E60歳になってから5年有期年金を受け終わるまでに亡くなったとき
F5年有期年金を受け終わってから亡くなったとき

  BACK   PAGE TOP  

 
文字サイズ小 文字サイズ大 文字サイズ中